トップ新編理科総合A 改訂版1部 物質と人間生活>第1章 物質の構成と変化>第3節 化学変化と化学反応式

3節 化学変化と化学反応式

 

 

化学反応式

両辺を結ぶ記号は,矢印()を用いるので,一見,質量保存の法則を表す意義が失われているように見えるが,化学式の係数で両辺の各原子の数が等しくなるようにしているので,両辺の質量の総和が等しくなり,本来の意味は保存されている。化学反応式は,反応が始まる最初の物質種の量と反応が終わった後の最後の物質種の量との量的関係を示すものであり,反応の途中の様子は省かれている。

 

イオン反応式

イオン反応式は,反応の実質が何かを示そうとするものである。そのため,反応に関与しない部分(イオン)は書かない。

亜鉛や鉄が強酸と反応して水素を発生するのは,強酸中にHが生じており,このHに亜鉛や鉄が電子を与えてH2にするからである。当然,金属はZn2あるいはFe2に変わる。したがって,Hが存在することが重要であって,酸の陰イオンが何であるか,即ち酸の種類はこの場合関与しない。

Zn2H―→ Zn2H2

Fe2H―→ Fe2H2

塩酸に水酸化ナトリウムを加えて中和させるとき,化学反応式は次のように書く。

HCl+NaOH ―→ NaClH2O

ところが水溶液中では,HCl(HCl)NaOH(NaOH)NaCl(NaCl)のように電離して溶ける。したがって,中和反応の本質は,酸性を示すHと塩基性を示すOHが中性のH2Oになる変化なので,イオン反応式は次のようになる。

HOH―→ H2O

 

化学変化の量的関係の計算

化学Iで学習するmol,アボガドロ数との関連を図り,この単元で発展的に扱うこともできる。その際は,化学変化の係数比は,反応物と生成物の物質量比に相当するので,「物質を全てmol単位で換算し,それを係数に比例させて計算するのが量的関係の原則である」と指導することが望ましい。mol単位で解を求めた後,題意に応じて質量なり体積なりに換算すればよい。このような方法をとれば,化学変化の量概念を正確に捉えることができ,複雑な反応についても理解できる。

 

 

 








本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2008 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.