トップ新編化学I 改訂版>第2部 物質の変化>第2章 酸と塩基>D 塩の性質

D 塩の性質

 

塩の生成

 中和反応の観点から,正塩(中性塩),酸性塩(水素塩),塩基性塩に分類される。正塩は,酸と塩基が過不足なく反応した組成の塩である。酸性塩は,多価の酸が中和反応したとき生じる塩で,まだ金属原子と置換できる水素原子が残った組成をもっている。塩基性塩は,多価の塩基が中和反応したとき生じる塩で,まだ酸基と置換できるOH原子団が残った組成をもっている。

   HClNaOH ―→ NaCl(正塩)H2O

   H2SO4NaOH ―→ NaHSO4(酸性塩)H20

  Mg(OH) 2HCl ―→ MgCl(OH) (塩基性塩)H20

 陽イオンも陰イオンもそれぞれ1種類の塩を単純塩といい,単純塩が2種類以上含まれる形の塩を複塩という。

   (単純塩) NaCIK2CO3Al2(SO4)3

 (複塩) AIK(SO4)2KNaCO3

 その他,結晶に結晶水(水和水)を含む含水塩や,結晶水を含まない無水塩,イオンが錯イオンである錯塩等がある。

 

 

 








本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.