トップ新編化学I 改訂版>第2部 物質の変化>第2章 酸と塩基>C 中和反応

C 中和反応

 

中和と水

 今日,中和反応に伴う水の生成は,中和の本質的内容と理解されている。しかし,酸塩基の研究の初(18世紀末〜19世紀初)には,中和は「酸+塩基 塩」という型で理解されていた。このような考え方は,水の出入りに関心が払われることなく,電離の概念も無かった時代の研究としては当然でもあった。

 中和における水の生成に初めて注目したのは,P.L.デュロン(フランスの化学者。デュロン-プティの法則で有名。17851838)あった。彼は,酸化カルシウムのような酸化物と酸とが反応すると,塩と共に水が生じることに注目し,酸と塩基の反応の際に水が生じることを指摘した。

 

中和滴定曲線

 中和滴定の進行に従って,pH変化を示した曲線を中和滴定曲線という。

下図に(1)強酸と強塩基,(2)強酸と弱塩基,(3)弱酸と強塩基,(4)酸と弱塩基,の滴定曲線をそれぞれ示した。同時に,よく使われる指示薬の変色域も示した。

 

中和滴定曲線と指示薬

Na2CO3の中和滴定曲線

(1)AB HClNaOH 

(2)AB¢  HClNH3

(3)A¢B CH3COOHNaOH

(4)A¢B¢ CH3COOHNH3

 

(4)以外は当量点で明確なpHジャンプ(pH飛躍)がみられ,適当な指示薬で当量点を決定できる。尚,多価の弱酸や弱塩基では,中和点までの中間点に小さなpHジャンプが見られることがある。

 また,炭酸ナトリウムの様な塩も強酸で中和滴定される。この中和滴定では, 2段階で中和反応が起こる。

   CO32H ―→ HCO3

   HCO3H ―→ H2CO3

尚,特殊な環境を除き,H2CO3は水中でのみ存在する。

 

 

 

 

 








本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.