トップ化学II 改訂版6部 課題研究>第2章 課題研究の実践>第1節 課題研究の取り組み

1節 課題研究の取り組み

 

◆研究に当たっての注意点

実施に当たっては,ある程度まとまった時間又は継続的な時間を充てて,年間指導計画の中に位置付ける。研究課題は,化学I及びIIの内容と関連させて扱うが,どんな内容を取り上げるかは,生徒の特性や学校の施設・設備等を配慮して決める。

研究を進めるに当たっては次の事項に注意する必要がある。

@ 研究を行うに当たっては,単に観察や実験のみに終わる事のない様に,仮説やモデルの設定,推論,条件制御,測定,数的処理,データの分析・解釈,法則性の発見といった化学的に探究する方法を身に付けさせると伴に,情報の処理・分析等においてコンピュータの活用を図る事が望ましい。

A 課題の設定に当たっては,できるだけ生徒の主体性を尊重し,教師の適切な指導に基づいて進めていきたい。但し,生徒の特性や学校及び地域の実態を十分に考慮して,なるべく解決の見通しの立つものにする。

B 調査,研究の立案に際しては,問題解決の能力の育成を重視し,生徒との話し合いを十分に行い,適切な指導助言を与える事が必要である。特に,研究の狙いは,研究の価値を決定するばかりでなく,結果の予想や研究の方法を左右するので具体的にさせる必要がある。

C 調査,研究の実施に際しては,研究課題の内容,研究時間と解決の見通し等を考慮して,個人,班,全体といった構成を柔軟に考える必要がある。また,必要に応じて文献調査も並行して行わせる。野外や家庭における活動,器具や装置の製作も適宜行い,活動の多様化を図る事も考えられる。また,歴史的実験例の研究では現代の器具も適宜使用する事を配慮する。更に,危険防止や安全対策に注意する。

D 調査,研究の成果については,報告書を提出させる。その際,実験の結果を単に記述するだけでなく,生徒自身の問題解決の過程を表した創意ある報告書を作成する様に指導する。尚,報告書の作成に当たっては,研究の目的,方法,結果,考察,結論,参考文献等必要事項を記す事も指導し,報告書の作成を通して,論理的な表現力や思考力を高める様にする。また,発表も行い,互いの研究について理解し,成就感を持たせる様にする事が望ましい。

E 評価に当たっては,報告書の内容の他に,研究における生徒の創造的な思考や研究の過程における態度も重視する等,多様な評価方法を取り入れる。

 

 








本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009-2012 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.