トップ化学II 改訂版6部 課題研究>第1章 化学の探究方法>第1節 化学の学習と課題研究

1節 化学の学習と課題研究

 

◆「課題研究」の目標

化学における課題研究とは,探究の過程を通して化学の方法を習得させ,化学的に探究する能力や態度を育てようとするものである。この様にして物質を実際に観察し,物質に触れ,或いは反応を行わせる事によって得られるものは,書物から得られるものとは比較にならない程新鮮で,強い印象を与え,また示唆に富んでいる。化学に対する興味や関心も,観察,実験によってこそ高める事ができるのである。概念や原理・法則といった抽象化された事項も単に記憶すべきものではなく,常に物質の示す具体的な振る舞いと結び付けて理解される事が望ましい。

「化学的に探究する能力と態度を育てる」とは,習得した基本的な原理・法則を用いて,自然や身の周りにある物質の変化を化学の立場から解釈或いは説明し,また化学に関わる問題に当面した時に,自分の力で解決する方法を見い出す能力を育成する事を指している。その為には多くの知識を習得するだけではなく,知識を応用する習慣が身に付いていなければならない。これは,観察,実験を中心とする探究活動を通して訓練を行う事により初めて身に付くものである。したがって,教科書に記された通りに忠実に実験器具を扱い,予想された通りの結果を得るだけでは,その目的は達成されない。仮説を設定して,実験によりそれを検証し,或いは実験を如何に行うか計画を立て,得られたデータを整理し,それからどんな結論が引き出せるかを考える,といった体験を積む事こそが重要である。これらの過程の中で,コンピュータの活用を図る事も望ましい。この様に,探究活動を通して物質に対する興味,関心を呼び起こし,更には創造の芽を育む学習効果を期待している。

教科書に課題研究を展開する一般的な流れ図を示してある。研究が自発的で,自覚をもった取り組みである程,自分の目下の研究がどの段階にさしかかっているかの意識が明確な筈である。実際に指導する中では,進行状況を生徒に問いかけてはその反応に応じて忠告を与えたり,相談にのったりするのがよい。

 

 








本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009-2012 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.