トップ化学II巻末付録>付録8 アルカンCnH2n+2の異性体

付録8 アルカンCnH2n+2の異性体

 

 

アルカン
 炭素と水素からなる脂肪族飽和炭化水素のことで,骨格は鎖状構造であり環状構
造は含まない。炭素原子間の結合は全て単結合で,炭素原子の残りの原子価は全て
水素原子で飽和されている。全ての脂肪族化合物の母体となる化合物で,一般式
CnH2n2で表される。アルキル基-CnH2n1と水素原子との化合物とみなされるので,
アルカンと呼ばれている。また,最も構造の簡単なアルカンはメタンであるので,
メタン系(メタン列)炭化水素と呼ばれたり,非常に反応性の小さい化合物で多くの
試薬に対して親和力を示さないのでパラフィンと呼ばれたりする。
 アルカンの名称は,炭素原子数を示すギリシア語の数詞に,語尾アン(英語−ane)
を付けて命名する。ただし,C1C4のみに慣用名が用いられる。
 沸点曲線で,炭素数の増加に伴い沸点が高くなるのは,ファンデルワールス
力が分子量の増加に伴い大きくなるためである。また,融点曲線では,炭素数が偶数

のとき比較的高くなっており,これは結晶形成と分子の対称性との関係によるものと

考えられている。

アルカンの異性体
 下表に,理論上考えられるアルカンの異性体の数を示した。これらの数だけ異
性体がすべて知られているわけではないが,炭素原子数の少ないものについては,
理論と同数の異性体が実際に知られている。

 

アルカンの異性体数とその例

 

名  称

分子式

炭素原子数

異性体の数

メタン

CH4

1

なし

エタン

C2H6

2

なし

プロパン

C3H8

3

なし

ブタン

C4H10

4

2

ペンタン

C5H12

5

3

ヘキサン

C6H14

6

5

へプタン

C7H16

7

9

オクタン

C8H18

8

18

ノナン

C9H20

9

35

デカン

C10H22

10

75

ウンデカン

C11H24

11

159

ドデカン

C12H26

12

355

トリデカン

C13H28

13

802

 

 

 

 









本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009-2012 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.