トップ化学II巻末付録>付録1 実験上の注意事項

付録1 実験上の注意事項

 

◆アルカリ金属の性質

 アルカリ金属の単体は,どれも銀白色で低融点の軟らかい金属である。密度も小

さく軽金属である。化学的には最も活発な金属に属し,還元性が強く,陽イオンに

なりやすい。

 

◆アルカリ金属の保存

 アルカリ金属の単体は,空気中の水,酸素と反応して酸化されるので,これらと

接触しないように,石油や灯油中で保存する。扱うときはピンセットで取り出し,

ナイフで切って使用する。リチウムの密度は0.53g/cm3で,石油(密度0.8g/cm3)

よりも小さく,石油中でも浮く。

 

◆黄リン

 黄リンはリンの同素体の−つであり,水には溶けないが,ベンゼンや二硫化炭素

には溶ける。リン酸カルシウム・コークス・砂の混合物を電気炉中で加熱して得ら

れる。室温常圧では淡黄色の固体で,ニンニクのような臭いを放つ。猛毒性であり,

致死量は0.1gである。リン光を発したり,空気中で自然発火して酸化リンとなるな

ど反応性が非常に高いので水中で保存する。

 

アセトン

 ジメチルケトン,プロパノンともいう。古くは酢酸カルシウムの乾留によって得

られた。融点−94.82,沸点56.3,密度0.7908g/cm3,揮発性でエーテル臭をもつ

無色の液体で,水・エタノール・ジエチルエーテルによく溶ける。溶剤や化学工業

原料に利用される。引火爆発性があるので,火気に注意する必要がある。

 

 

 








本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009-2012 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.