トップ新編生物I 改訂版>第5部 体液と恒常性>第3章 ホルモンと自律神経による調節>B 自律神経による調節

B 自律神経による調節

 

 

◆自律神経系

呼吸・循環・消化など,植物性機能に関係している神経を自律神経系という。自律神経系は,大脳皮質の直接的支配を受けずに独自の働きをしている。自律神経が支配するものは,毛髪の根・血管壁・気管支・胃腸のように管状や袋状の内臓の壁と,だ腺・すい臓・肝臓などの腺構造の器官である。これらの器官は,反射的(無意識的)に調整されている。自律神経は遠心性神経で,脳および脊髄の胸部・腰部・仙部などから出ている。これらの神経突起は,脳・脊髄を出てから,途中で必ずニューロンをとりかえて目的の臓器にいく。

 自律神経には,拮抗的に作用する2つの神経系,すなわち交感神経(sympathetic nerve)と副交感神経(parasympathetic nerve)がある。交感神経は脊髄の胸腰部から出て,脊髄の両側にじゅず状に連なっている神経節を経て各臓器に分布している。他方,副交感神経は,脳から出ている動眼神経・顔面神経・舌咽(ぜついん)神経・迷走神経の中に含まれており,それと脊髄の仙部から出ている仙髄神経からなっており,交感神経と違って神経節は内臓に接近して存在するか,または内臓内にある。

 

 

 









本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009-2012 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.