トップ新編生物I 改訂版>第4部 動物の受容と反応>第2章 神経系>A 神経系

A 神経系

 

◆神経系の進化

イソギンチャクには,下図のような感覚細胞と効果器(筋肉様の収縮性の細胞)との直接連絡が見られる。

 

 腔腸動物に見られるシナプスは不完全で,細胞と細胞とが実質的に連絡しているもの,伝達に方向性のないものとあるものなどが見られる。イソギンチャクの一種では,420もの“シナプス”を経由する0.5cm/秒ぐらいの伝達と,長い軸索による12m/秒の伝達とが知られている。

 散在神経系では,刺激による興奮は直接関係のないニューロンにまで拡散的に伝わり,無意味なシナプスがふえて伝達時間が長くかかる。

 中枢神経系をもつ動物では,受容体→中枢→効果器と直接的に興奮が伝えられ,中枢では情報が処理され,真に必要な効果器だけに伝えられる。無意味なシナプスの数も少なくなっており,伝達に要する時間が短くなっている。

 

 

 








本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009-2012 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.