トップ新編生物I 改訂版>第3部 遺伝>第2章 遺伝子と染色体D 遺伝子の連鎖

D 遺伝子の連鎖

 

遺伝子説と連鎖

メンデルの法則が再発見された1900年以後,次のような研究の積み重ねがあり,1912年にモーガンは遺伝子が染色体上にあるという遺伝子説を確立した。

(1) サットンが,減数分裂の観察から,相同染色体の対合や分離の現象をメンデルの法則と対応させて説明(1902)

(2) ベーツソンとパネットは,スイートピーで遺伝子の連鎖を発見(1905)

(3) モーガンはショウジョウバエで白眼の突然変異を発見し,その伴性遺伝を研究して,染色体と遺伝子の行動が一致することを見る。

 そして,モーガンらは連鎖の現象から,1つの遺伝子連鎖群は1つの染色体に属することを明らかにし,さらに,相同染色体にある2組の遺伝子の間で交さが行われていることを知り,これを説明するために遺伝子が染色体上に一定の順序で直線的に配列していると考え,組換え価から染色体地図をつくった。

 

 

 

 









本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009-2012 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.