トップ新編生物I 改訂版>第3部 遺伝>第2章 遺伝子と染色体A 遺伝子と染色体

A 遺伝子と染色体

 

◆遺伝子は染色体に

メンデルの法則が再発見された1900年ごろは,細胞分裂のときの染色体の行動などの研究が進みつつある時期であった。1902年,サットン(18761916,アメリカ)は,減数分裂における相同染色体の対合,および分裂後期における相同染色体の分離を,メンデルの法則と対応させて説明した。これは,メンデルの考えに対して,初の細胞学的基盤を与えたものであった。遺伝子の行動と染色体の行動は,次の点で類似しており,そのため,遺伝子は染色体上に存在するということが考えられるようになった。

@ 体細胞では遺伝子は対をなしているが,配偶子にはそのうちの1個ずつが分配される(分離の法則)。染色体も体細胞では相同染色体が対をなしているが,減数分裂のときこれが分かれて配偶子に1本ずつ分配される。

A 2組み(またはそれ以上)の対立遺伝子は,互いに何の結びつきもなく配偶子に分離される(独立の法則)2組み(またはそれ以上)の相同染色体も,減数分裂により,互いに何の結びつきもなく配偶子に分離される。

B 受精により,相同染色体も対立遺伝子も再び対になる。

 

 

 

 









本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009-2012 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.