トップ新編生物I 改訂版>第2部 生殖と発生>第2章 発生の過程A 卵と卵割

A 卵と卵割

 

◆卵割

受精卵の分裂は本質的には体細胞分裂であるが,細胞の肥大を伴わない分裂,即ち娘細胞(この場合,割球という)は次第に小さくなる特殊な細胞分裂であるので卵割というよび方をする。

1.卵の種類と卵割形式 卵割は卵黄の量と分布に影響される。卵黄は,タンパク質・脂肪・無機質などを主成分とする粒状物質で,これが多量に集まる所では,細胞質分裂が妨げられる。等割・不等割・表割・盤割などの違いは,こうして生じる。

2卵割の意義 卵割が細胞の大きさの減少と多細胞集団の形成ということのほかに次の意味がある。それは,卵割によって細胞質が分割されるのだが,その細胞質に極性が存在している場合には,それがそのまま割球に割りあてられる。つまり,受精卵の細胞質物質の分布が割球細胞質の配列分布となる。この割球による細胞質の差が,卵割に引き続いて起こる陥入や誘導現象の重要な布石となる。

 

 

 

 









本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009-2012 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.