トップ新編生物I 改訂版>第2部 生殖と発生>第1章 生殖B 無性生殖

B 無性生殖

 

◆無性生殖

単細胞生物はすべて分裂によって個体数を増加させる。その際, 1個体が二分裂によって2個体になるのがふつうであるが,マラリア病原虫のように一度に数個体に分裂するものもあり,これを複分裂という。このような分裂によって生じた個体は,もとの個体とまったく同じ遺伝情報をもち,それを次々と複製して子孫に伝えていくのである。酵母でみられる出芽も,生じた個体に大小の差はあるものの分裂の一種と考えられる。多細胞動物でこのような分裂によって増殖することができる生物は下等なものに限られ,サンゴ礁を形成するサンゴ虫やミズクラゲのポリプ,ヒドラ,イソギンチャクなどの刺胞動物やプラナリアなどの扁形動物のように,いずれも再生力の強いものである。

 一方,多細胞植物にも無性生殖をするものが多い。一つには,菌類やコケ植物・シダ植物などで見られる胞子による増殖である。胞子はそれ自身単独で発芽し,新しい世代の生物体を生じる生殖細胞である。もう一つのタイプは,栄養繁殖とよばれ,本来は受精を行って種子を形成して増殖する種子植物でも,親個体の一部が分かれて新しい個体を形成するものである。

 

◆栄養繁殖

いま,ある植物について交雑という方法で品種改良を試み,その結果大きな美しい花の咲く株を得た。この株をふやしたいと考えて,自家受粉によって種子をつくりこれをまいたところ,子どもの株に咲いた花は多種多様で,母株と同じ形質の花を咲かしたものは少数にすぎなかった。交配という方法で品種改良した以上,この結果は当然なのである。この点,栄養繁殖,つまり挿木などによってできた子どもにはそのような心配がない。栄養繁殖によって増殖した個体は,すべての遺伝的形質に関して母体と同一のはずであるからである。

 高等植物でこのような生殖が可能であるということは,ヒトにたとえると,成人の体細胞の一部を切除して培養すると完全なヒトの個体が再生するということを意味している。もちろん,ヒトのような高等な動物ではこのような現象は生じない。このことは植物の細胞には全能性があり,いったん分化して葉とか根とかの器官をつくっていた細胞が,ちょうど受精直後の卵細胞のような未分化の状態にもどりうるためだと考えられる。栄養生殖には多くの例があり,自然状態ではタケやハスの地下茎・オニユリやヤマノイモの珠芽(むかご)・サツマイモの塊根・葉の一部に新個体が生じるコモチベンケイソウやコモチシダ,葉の先端が地面に接するとそこへ新個体が生じるクモノスシダなどがある。また,人為的な栄養生殖としては,挿木や接木のほかに,クワやインドゴムノキで行う取木・多くの多年草で行う株分け・ベゴニアの一種で可能な葉挿などがあげられる。

 

発展 胞子生殖

胞子とは,配偶子と異なり,単独で新個体となる(無性生殖する)ことができる生殖細胞である。

多くの藻類や,コケ植物,シダ植物では,配偶子による有性生殖を行う世代と,胞子による無性生殖を行う世代が交互に繰り返される。これを,世代交代といい,世代ごとに繰り返される発生と成長の過程を生活環という。胞子は減数分裂によって形成され,単相(n)である。胞子が発芽し,成長すると配偶体(n)を形成する。配偶体は減数分裂を伴わないで配偶子をつくる。受精すると受精卵(2n)は発生し,成長して胞子体になり,減数分裂により胞子をつくる。このように,世代交代の間に核の相が変わることを核相交代という。どちらの相の世代も独立した個体として存在する。

私たちの目につくコケの植物体は配偶体である。コケの配偶体には雄株と雌株があり,それぞれの上部には造精器と造精器がある。雄株の精子により雌株の造卵器の卵が受精すると発生し,雌株の上部に付着した形で胞子体が形成される。植物体として目に付くシダ植物は胞子体である。シダ植物の配偶体を特に前葉体とよび,一つの前葉体に造精器と造卵器が形成される。

菌類の分生子,サビキンのサビ胞子などは細胞の一部から体細胞分裂によって胞子が形成される。減数分裂によって形成される胞子を真正胞子といい,体細胞分裂によって形成される胞子を栄養胞子という。

 

 

 








本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009-2012 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.