トップ新編生物I 改訂版>第1部 生物体の構造と機能>第3章 細胞の増殖と分化C 細胞の分化

C 細胞の分化

 

◆細胞の分化

発生中の細胞分化の仕組みは,現在分子生物学のカレント・トピックスである。中胚葉の分化についていうと,カエル卵の動物極側にあるアクチビンというタンパク質が中胚葉分化を起こす。アクチビンによって発現されるMyoDというタンパク質が,筋分化を誘導することが示されている。

 

◆カイメンの細胞

アメリカの発生学者ウイルソン(H.V.Wilson)は,1907年,カイメンをガーゼでつつみ,海水中でピンセットで繰り返しつついたところ,ガーゼの網目から細胞が出てきてにごってきた。ばらばらになったカイメンの細胞は容器の底に沈み,やがて接着して小さなカイメンができてきた。違った色をした2種類のカイメンの細胞を混ぜると,それぞれ同種の小カイメンができて,混合カイメンはみられなかった。同種のカイメン細胞は自己を認識するわけである。

 

◆細胞間の接着

多細胞生物の各組織で,同じ種類の細胞が相接しているのは,細胞間を認識して,互いに接着しあうためである。細胞膜上にあるタンパク質と結合した糖鎖が,細胞間の認識にあずかっているものと考えられている。カドヘリンというタンパク質は,細胞膜を貫通してとなりの細胞を接着させる。カルシウムイオンを必要とし,組織特異性がある。カルシウムを必要としない神経細胞に特異的な接着タンパク質NCAM(Neural cell adhesion molecule)も知られている。そのほか,細胞間の接着には,コラーゲン,フィブリネクチン,ラミニンなど特異性が厳密でないタンパク質があずかっている。

 

 

 

 








本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009-2012 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.

本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.