トップ新編生物I 改訂版>第1部 生物体の構造と機能>第3章 細胞の増殖と分化B 染色体

B 染色体

 

◆相同染色体

体細胞の染色体を観察すると,形・大きさが同じである染色体が2本ずつある。この一対の染色体を相同染色体という。相同染色体は,もともと精子からと卵から1本ずつ伝えられてきたものである。それゆえ,生殖細胞が形成されるときには,染色体数が半減する減数分裂が生じ,相同染色体は1本ずつ別々の生殖細胞に入ることになる。

 

染色体の観察方法

染色体は細胞分裂中期で初めて数や形が明確になる。いうまでもなく,中期の染色体を観察するには,分裂中の細胞を用いなければならない。ところが,すべての生物について,分裂途中の細胞を入手することは容易ではない。ヒトの場合では特にそうである。それで,ヒトの染色体数は,47本あるいは48本といわれた時代が長く続いた。それが,男女ともにふつうは46本であることが確定したのは,第2次世界大戦後である。

この染色体数の確定に貢献したのは,新しい観察方法の開発である。ヒトの場合,血液を少量とり,静置すると,赤血球が沈殿し,その上部近くに白血球が集まる。その部分をとって,白血球を培養する。このとき,インゲンマメ属のゴガツササゲなどから抽出したPHA(フィトへマグルチニン)という物質を加える。そうして,分裂中の白血球で染色体を観察する。

このようにして,ヒトの染色体数は男女とも46本であること,21番目の染色体が1本多い人はダウン症になることなどが明らかになった。

 

染色体の構造

染色体は,分裂後期に紡錘糸が付着している部分(動原体)の位置によって,それぞれ独特の形をとる。動原体が染色体の中央にあるか,やや端にあるか,端に近い位置にあるかにより, V字状,L字状,J字状,あるいは棒状になる。V状やL状の染色体では,左腕と右腕が区別でき, L状やJ状のときは長腕と短腕が区別できる。また,動原体のほかにも,12箇所のくびれをもつ染色体もある。これらの染色体の形態上の特徴は,核分裂をくり返しても保たれる。

 

 

 

 









本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009-2012 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.







本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.