トップ新編生物I 改訂版>第1部 生物体の構造と機能>第1章 細胞の構造と働き>A 細胞の発見と細胞説

A 細胞の発見と細胞説

 

細胞の研究史

細胞の発見

 物理学者ロバート=フック(Robert Hooke 16351703イギリス)は,ばねの弾性率に関するフックの法則で知られているが,顕微鏡を用いて,コルクの小片を観察して,それが空の小さな部屋からなることを見い出し,細胞と名づけた(1665)。彼はその著「ミクログラフィア」(顕微鏡図説)の中で,コルクの細胞は死んでいるので,穴があいているが,生きているときは,液がつまっていると述べている。しかし,細胞の名をつけたが,生物体の構成単位と考えたわけではなかった。植物学者のロバート=ブラウン (Robert Brown 17731858イギリス)は,植物細胞中に黒ずんだ小さなものがあることを発見し,核と命名した。それは,ほとんどすべての植物細胞に存在する。ブラウンは,水に浮かんだ花粉の観察からブラウン運動を発見した人である。

 

細胞説

植物学者マチアス=シュライデン(Matthias Schleiden18041881ドイツ)は,高等植物の胚のう形成の過程を観察していて,核が細胞に成長するという誤った説を提出した(1838)。シュライデンの細胞説の発表を聞いて,医学者テオドール=シュワン(TheodorSchwann 18101882ドイツ)は,ただちに動物細胞を調べてみた。動物の細胞は,植物のそれと違って細胞壁がなく細胞の輪郭がはっきりしなかった。シュワンは,カエルのおたまじゃくしの脊索から細胞をとり出して,植物細胞と同じ構造をしていることを示し,さまざまな動物細胞を調べ,血液中では赤血球など細胞が遊離していること,卵も卵黄を含んだ巨大な細胞であることなどを明らかにした。神経鞘の細胞は,発見者の名をとってシュワン細胞とよばれている。こうして,シュライデン,シュワンの研究によって,生物体を構成する単位としての細胞説が確立した。

 解剖学者ルドルフ=ケリカー(Rudol fvon Kolliker18171905スイス)は,細胞説からみた組織学と発生学の基礎を築いた。ケリカーに影響を受けて発展させたのはルドルフ=フィルヒョー(Rudolph Virchow18211902)である。彼は,これまでの細胞についての知見をまとめて,「すべての細胞は細胞から(Omnis cellula ecellula)」というキャッチフレーズを発表した(1858)。植物学者フーゴ=モール(Hugo von Mohl 18051872ドイツ)は,細胞の内容物に原形質(Protoplasm)という名を与え(1846),現在でも原形質流動の用語に残っている。

1665年 フック

 細胞の発見

1825年 ラスパイル

 凍結切片法の発明

1831年 ブラウン

 核の発見

1838年 シュライデン

 新しい細胞説の発表

1839年 シュワン

 細胞説の確立

1846年 モール

 原形質の発見

1858年 ゲルラッハ

 細胞染色法の導入

1855年 フィルヒョー

「すべての細胞は細胞から」

 を提唱

1862年 ワルダイヤー

 染色体の命名

1869年 クレブス

 パラフィン切片法の発明

1870年 ベネーデン

 中心体の発見

1897年 ベンダ

 ミトコンドリアを発見

1898年 ゴルジ

 ゴルジ体の発見

1912年 カレル

 組織培養法を完成

1933年 ルスカ

 電子顕微鏡を発明

1955年 デュープ

 リソソームの発見

1957年 ロバートソン

 細胞膜の単位膜説を提唱

 

 

 









本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009-2012 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.







本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.