トップ生物II>第5部 課題研究>第3章 調査研究〔調査研究テーマ例 (1)〕 ぬけがらからセミの生息生態を調べる

〔調査研究テーマ例 (1)〕 ぬけがらからセミの生息生態を調べる

教科書p.289 292

 

 

【指導目標】 セミの成虫は移動性があり,本来生息していない場所で見つかることもある。セミの分布を調べるために,ぬけがらを調査し,その地域にどんな種類のセミがどんな密度で生息(発生)しているのかをまとめる。

【準備上の留意点】

(1)  まず,調査地点を決める。調査地点には,セミが集まる適当な樹木が存在することが必要条件である。学校内か,近くの公園などで適当な大きさ(4 9m2 の調査枠)を分担して受けもち,調査するとよい。あまり大きな区域は,継続調査が困難になるので注意を要する。

(2)  この調査では,各調査地点の周辺の環境(田畑か,森林か,住宅地か等)も大きな影響を及ぼすので,事前にどのような地域なのか環境の変遷も含めて調査しておく。

【方法上の留意点】

(1)  調査は真夏に実施されるので,熱中症等も含めて身の安全に十分注意して行う必要がある。

(2)  セミのぬけがらは採集したものをそのまま袋などに入れていると,足や触角などが本体から離れてしまい,後でセミの同定が難しくなることがあるので,現場で,すばやくセミを見分けてぬけがらを分類し,別々に分けて持ち帰るのがよい。

【結果例】 大阪南部においては,ニイニイゼミ,アブラゼミ,クマゼミ,ヒグラシ,ツクツクボウシ,ミンミンゼミの順にぬけがらが採取された。ニイニイゼミは7 月上旬より3 週間,アブラゼミとクマゼミは7 月中旬より6 週間,他3 種は8 月上旬〜中旬より2 3 週間出現した。

 上記の結果は,種類の区別だけで,雌雄の区別をしないでまとめているが,実際の動物では雌雄で行動パターンが異なる場合が多いので,雌雄を区別してまとめるのが望ましい。

 

 

 

 








本サイトに掲載された記事や画像の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2009-2012 SHINKOSHUPPANSHA KEIRINKAN CO.,LTD. All rights reserved.